サイン証明・公正証書

委任状や宣誓書などへのサイン証明

サイン証明は、署名証明とも言いますが、公証役場で本人が署名したものであることを証明してもらう手続きのことを言います。

ブラジルに提出する委任状や宣誓書は、ポルトガル語のままで日本の公証役場でサイン証明を受けることができます。

さらに、都内の公証役場なら、そのままアポスティーユを付けてもらうことも可能です。

幣事務所では、サイン証明を行う手続きの際のアドバイス、当日の同行も行っております。

公正証書の作成

私文書として作成された委任状や宣誓書をブラジルに提出する際、ポルトガル語の文書にサイン証明を行えば受理されることもあります。

しかし、日本の公証役場で公正証書にしてほしい、とブラジルの提出先から指定をされることがあります。

日本の公証役場では、公正証書は日本語でしか作成をしません。ですので、ブラジルで作成された公正証書の草案を一度、日本語に訳して、公証役場に相談をしながら進めていく必要があります。

公証役場で作成された公正証書は、ブラジル国内の公証翻訳人に依頼して、日本語からポルトガル語に訳して、ようやくブラジル側で指定された形を整えたことになります。

幣事務所では、公証役場とのやり取りや、日本語への翻訳、当日のサポートも行っています。

アポスティーユの取得

アポスティーユ

日本で発行した書類を海外の機関に提出するときに相手から求められるのがアポスティーユの手続きです。

日本の役所から発行された戸籍謄本は日本全国で通用しますが、海外ではこの書類が本物なのか!?という状況になります。

そこで、日本の外務省でアポスティーユを受けてお墨付きを得ることで、本物です!ということが証明できます。

幣事務所では、外務省でのアポスティーユ申請の代行をしています。

アポスティーユは、ブラジルなどのハーグ条約の締結国に提出する際に有効です。提出先の国がハーグ条約に加盟しているかは、外務省のサイトで確認できます。

「外国公文書の認証を不要とする条約(ハーグ条約)」の締約国

参考記事

料金と納期

メール・電話でのご相談

無料です

証明書類の翻訳(日本語 ⇔ ポルトガル語)

5,000円~ / ページ

料金は全額、前払いです。翻訳枚数と業務の状況により、料金が異なりますので、お問い合わせください。

公証役場でのサイン証明(私署証明)の取得

  • ブラジルに提出する書類のサイン証明について、公証役場と調整: 5,000円(税込)

  • 公証役場での同行サポート:9,000円(税込)~

都内の公証役場では、書類が整い問題がなければ、その場で私署証明が受けられます。さらに、必要な場合には、アポスティーユも付けることが可能です。

公正証書の作成

  • ブラジルに提出する公正証書について、公証役場と調整: 5,000円(税込)

  • 公証役場での同行サポート:9,000円(税込)~

日本の公証役場では、公正証書を作成する言語は日本語でのみです。ブラジル側が求める公正証書の草案(ポルトガル語)を日本語に訳す必要があります。手続きの流れについては、お問合せください。

アポスティーユの申請(外務省)

9,000円(税込) / 書類1件

2件目以降は割引があります。原本を当事務所に郵送いただき、お支払いの後、約1週間でアポスティーユ付きの書類を発送します。

ご依頼の流れ

① ご相談ください

お問合せフォーム からご連絡いただくか、翻訳が必要な書類のスキャンを info@officeaoyagi.com にお送りください。

メールとお電話でのご相談は無料です。


② お見積り

詳細をお伺いしたうえで、お見積もりをいたします。


③ お支払い

ご依頼が決まりましたら、お振込み口座(三菱UFJ銀行/ゆうちょ銀行)をお知らせします。

翻訳料金と手続きに関する報酬は、全額前払いです。


④ 手続き

アポスティーユの手続きは当事務所で行い、完成した書類を郵便で発送します。
公証役場での同行支援が必要な場合は、日時を決めて、公証役場にて手続きを行います。

お問合せ Contato

E-mail  info@officeaoyagi.com

お問合せフォーム、メールでのご相談は無料です。

対応言語は、日本語とポルトガル語です。日本全国、海外からもご相談を受け付けています。

Sinta-se à vontade para nos consultar. Atendimento em português e japonês.